スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Emacsのpluginなど

こんにちは、やくもです。

@yutopp氏企画の、Aizu Advent Calendarの8日目の記事です。

僕はEmacs好きなんでそれの記事書きます。
この記事はEmacs初心者のためのプラグインを紹介します。


はじめに

この記事は、Emacs初心者(特に某A大生)に向けた内容となっております。
プロEmacsianの方には退屈な内容だと思われます。
そのような方々には是非おすすめのelを教えていただきたい所存でございます。

また、僕自身、Emacsilabilityがまだまだ低いので、間違った事を書いてしまうかもしれません。
その時は叱咤をお願い願いたいです。

この記事ではUnix,Linux,Max系の環境を想定して書いています。
また、ここでいうEmacsはGNU Emacsのことをさします。


drill-instructor.el

僕がオススメのプラグインであるdrill-instructor.elを紹介していきます。

まず初めにここから、drill-instructor.elと言うファイルをダウンロードしてください。
そして、適当なディレクトリにいれてください。ここではHomeディレクトリ下の.emacs.dの中にいれているものとして話を進めます。
ダウンロードしたら、$HOME/.emacsファイルに以下のように追記し、保存してください。
(;で始まる文字列はコメントです。)


(setq load-path
(append
(list
(expand-file-name "~/.emacs.d") ;ここにはdrill-instructor.elを入れたディレクトリのパスを書いてください
)))

;drill-instructorを有効化します
(require 'drill-instructor)
(drill-instructor t)

;これは、バックスペースのキーバインドをctrl-hに割り当てる設定です。
;ctrl-hはデフォルトではヘルプ(?)を参照するキーなのですが、
;都合上バックスペースを割り当てます
(global-set-key "\C-h" 'delete-backward-char)

保存したら、Emacsを再起動しましょう。
これで、drill-instructorの設定は完了です。


drill-instructor.el is 何

このdrill-instructorというプラグインはどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか。
それを今から紹介していきます。

まず、Emacs上で矢印キーの上を押してみます。すると。。。
d.png
矢印キーを使うな!!! Ctrl-pを押せ!!! と言われてしまいました


Returnキーも押してみましょう。
m.png
Returnキーを使うな!!! そんなキーよりCtrl-mだ!!!


お分かりいただけたでしょうか? 
このdrill-instructorというプラグインは、キーバインドを矯正するものです。
これで、超基本的なバインドが優しい師の指導により学べます。 まあ、素敵!

以下は矯正されるキーの一覧です
矯正前矯正後
Ctrl-p
Ctrl-b
Ctrl-n
Ctrl-f
returnCtrl-m
tabCtrl-i



うれしさ

これを使い、Ctrlと小指を結婚させた新しいポジショニングに慣れ親しみましょう。
このポジショニングに慣れれば他のバインドもすんなり受け入れられることでしょう。

Emacsのキーバインドはデフォルトで、様々なものがありますし、自分の好きなように定義できます。
これで”マウスを使うEmacs”とはおさらばしましょう。

ここではあえて紹介はしません。自分で色々調べてみましょう。そうして様々な便利なTipsを身に着けていってください。


次の一歩

これで、僕の一押しのプラグインの紹介は以上です。

ここからは、他の様々なプラグインについて紹介します。 導入の方法などは書きませんので。
興味があるものは自分で調べて導入してみてください。 きっと豊かなEmacsライフがおくれることでしょう。

  • tabbar.el
Emacsをタブブラウザ化します。
複数のファイルを開いても快適エディティング。
tab.png

  • auto-complete.el
補完をしてくださいます。
auto.png

  • linum.el
行番号の表示です。l.png


ここで紹介したものはプラグインのほんの一部の一部です。
他にもたくさんあります。 
「こんな機能がほし~な」とか思ったらだいたいあります。探して使って見ましょう。
「これ、Emacsじゃなくていいよね?」とか思うものもあります。ネタで使ってみましょう。きっと楽しいです。

プラグインはEmacs-lispというLispの方言で書かれています。
Elispを使い、自分だけのプラグインを作成してみましょう。(僕は、クソザコなんでElisp書けないです。)

Emacsのカスタマイズを繰り返して、僕の考えた最強のEmacsを作って行きましょう。

以上、やくもの記事でした。

Aizu Advent Calendar9日目は、intel_sizimi氏です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yakumo

Author:Yakumo
某大学で大学生をやっている大学生。
本職はダメ人間。
東方とかを趣味にしている。
もふもふもふ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。